板橋区の整体なら、駅徒歩5分の小竹向原ストレッチ整体院へ
HOME>からだ通信

からだ通信

KARADA通信【5月号】

GWと日頃の疲れは当院でケアしましょう!

こんにちは。さわやかな風が吹き、青空に鯉のぼりが力強く泳ぐ、新緑のまばゆい季節、5月のスタートです。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

5月と言えばゴールデンウィークですね!今年は最大で9日間のお休みの方もいらっしゃるようです。当院も53日、4日をお休みさせていただきます。(詳しくは裏面をご覧ください)後半の5日、6日は営業しておりますのでGW中の疲れはGW中に骨盤調整コースや筋肉調整コース等で取り除いて連休明けからスムーズにお仕事に入れるようにしていきましょう!

院長 金子 叔弘

紫外線による目への影響について

5月になると晴れた日は、暑いと感じるくらいのときもありますね。日差しも強くなり紫外線を気にする方は、日焼け止めが欠かせないと思います。ところで、肌への紫外線対策は日焼け止めで行っている方が多いと思いますが、目への紫外線対策は行っていますか?

肌と同じように、目に紫外線が入った場合も目はダメージを受けています。例えば、角膜に紫外線があたると、角膜が炎症を起こし、強い目の痛み、充血といった症状が出ることがあります。 これを電気性眼炎(雪目)といいます。さらに、ダメージを受け続ければそれは蓄積され、目の細胞を破壊してしまうとさまざまな目の病気につながることがあります。こういった病気を予防するために、紫外線が目に入ることを防ぎましょう。それには、サングラスやコンタクトレンズ、帽子等の利用が有効的です。サングラスやコンタクトレンズを選ぶ際に、紫外線をカットできるものを選ぶことは当然ですが、人間の瞳は、色の濃さに比例して瞳孔が開きます。色が濃いものを使用すると、より多くの紫外線が瞳に侵入することがありますので、色は薄いものを選びましょう。また、サングラスは、正面からの紫外線には有効ですが、側面から入りこむ紫外線は防ぎきれません。しかも、サングラスと肌とのすき間から入った紫外線が角膜周辺で屈折し、集中することでより大きなダ メージを瞳に与えてしまいます。 サングラスを選ぶときは、上方や横からの紫外線を考慮して、レンズの大きいもの、目を覆うようにピッタリとガードするタイプのものが良いでしょう。帽子はつばの幅が広いものが効果的です。側面にスキマがあるサングラスしか持っていなくても、つば広の帽子を一緒にかぶれば側面から入ってくる紫外線を防ぐことができます。紫外線の影響は日焼け止めだけでは防ぎきれません。よりしっかりと紫外線から身を守るなら、目から入る紫外線も気にかけてみてはいかがでしょうか?

 
  

 

スクールインフォメーション 5月生募集!入学は随時OK!~

新年度のスタート!何かを始めるチャンス!!手に職!

整体スクール「カラダ塾」では、5月生の生徒さんを募集しております。

前回好評だった入学金10,000円免除いたします! 思い立ったら始めてみよう!

私が責任を持ってお客様から信頼されるセラピストを育成いたします。

・トータルボディコース

入学金:10,000円 受講料:420,000円(税込)テキスト・認定書代含

・リラクゼーションボディコース

入学金:10,000円 受講料:220,000円(税込)テキスト・認定書代含

 

 

anekoのつぶやき 3つの「あ」ご存知ですか?~  

 
 

突然ですが、ダイエット中にしっかりコントロールしたい 3つの「あ」ご存じですか? 正解は「アルコール」「あぶら」、そして「あまいもの」。甘いものを全くやめてしまうことはとっても難しいこと。ストレスも溜まりやすく、どこかで限界が来てしまいそうですね。 ですが、やはりダイエット中の甘いものは大敵!それでは、上手に甘いものをコントロールするポイントをご紹介します!

・ダイエット中の糖分

私たちがバランス良い食生活を送り健康に過ごすためには、甘いものに含まれる糖分もある程度は必要なものです。 特に糖分の一種ブドウ糖は、血糖値を一定範囲に維持し、脳やからだを動かすエネルギー源となるもの。またブドウ糖は脳の快感中枢を刺激して脳内エンドロフィンを分泌させるため、 幸せな気持ちにもさせてくれるのです。ですが糖分には、その美味しさ故に罪つくりな一面も。 人間が本能的にエネルギーを求めて欲する甘味は、ついつい摂りすぎてしまいやすく エネルギー過剰を招きやすいのです。

・どのくらいなら糖分を摂ってもいいの?

それでは、甘いもの適正摂取量はどれくらいでしょうか? 例えば、運動をあまりしない成人女性の1日の摂取カロリーの目安は1,4002,000kcal。甘いものの前にまず、からだに必要な栄養素をバランス良く摂るために、朝・昼・夕の3度の食事で「主食」「主菜」「副菜」をしっかり揃えること が最初のポイント。 この食事の部分だけで通常1,5002,000kcalに達してしまいます。 栄養バランスばっちりのタニタの社員食堂レシピもやはり1500kcal前後。となると、嗜好品として摂る3つの「あ」の許容量は、1日計200kcal以下が目安となります。嗜好品からはエネルギーや脂肪・糖分以外の栄養素は期待できず、ダイエット中には控えたいもの。甘いものがお好きな方は、まずは「アルコール」「あぶら」をしっかり控えた上で 甘いものを200kcal以内にコントロールしていきましょう。

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者 板橋 小竹向原ストレッチ整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ・ご予約 048-299-3013 受付時間 9時~21時 定休日 年中無休(年末年始を除く)

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。