板橋区の整体なら、駅徒歩5分の小竹向原ストレッチ整体院へ
HOME>からだ通信

からだ通信

KARADA通信【9月号】

夏が終わり・・秋・・

長かった夏・・早く終わって!と思っていたら、8月終わりから急に涼しくなり・・一気に秋がきてしまったようです。何となく寂しいような気もしますね。夏休みが終わり新学期が始まる9月。お子さんがいらっしゃるご家庭では少しほっと出来ますね。夏の疲れを癒し、一息つきたいところですが、これから出てくるおいしい食べ物♪ 秋から冬にかけては体重増加注意報発令シーズン! 毎年秋から冬にかけてどうしても太ってしまって・・・という方も 多いのではないでしょうか?(私は年中太っていますが・・悲)

また、この時期は秋の花粉症としてブタクサなどの花粉症がありますから注意が必要ですね。そして、夏に多い食中毒ですが、秋は腸炎ビブリオに汚染された海産物による食中毒に注意する必要があります。秋と言えば、読書の秋、芸術の秋、私は食欲の秋と言いたいところですが・・・食欲については下記のコラムにも書かせていただきましたのでお読みください! 体を動かしやすい気候です(^^)生活の中に、運動を取り入れ、秋を楽しみましょう♪                             院長 金子叔弘

 

ついつい食べてしまう!食欲の秋!!

今回は、この時期何かと話題になる「食欲」にクローズアップします。 秋になると食欲がアップするのはなぜでしょうか?昔から「食欲の秋」 と言われていますが、実際、夏が終わり涼しくなってくると 「食べたい」欲求が増して食べる量が増え、 体重増加につながってしまう人が多いようです!なぜ「秋」に食欲が増すのでしょうか? 食欲に影響のある要因は様々ありますので、いくつか挙げてみましょう。1)日照時間減少・照度低下との関係(セロトニン分泌低下) 夏から秋になると、日照時間が減少して明るさが低下しますが、精神の安定化を保つ作用のある脳内の神経伝達物質で、 食欲の調整にも深く関わっているセロトニンは、日光にあたった時間によって分泌量が調整されることがわかってきました。 つまり、日を浴びることが少ない秋には、夏に比べセロトニン分泌量は減少してしまうのです。日光にあたる以外に、セロトニン分泌量を増やす方法は、糖質、乳製品、肉類の摂取や睡眠をとること。秋になると食欲が増すのは、たくさん食べたり眠ったりすることでセロトニンを増やし、 精神の安定を保とうとするからではないかと言われています。2)その他の要因 その他にも、「夏バテ気味で低下していた食欲が、涼しくなって回復する」「秋は美味しくなる旬の物が多いので、 食べたくなるのは自然なこと」 「食べ物が捕れなくなる冬に向けて秋のうちに食べて身体に蓄えておくという、 生き物の自然の摂理」 など、とにかく「食欲の秋」の出所を探ろうとするといろいろな話があり、 「ナルホド、そうかもしれない」と、納得のいく説がたくさんあります。秋になり食欲がアップするのは、こうした様々な要因が影響しあい、相互作用しあって「食欲の秋」へとつながっているのだと思います。とはいえ、納得して食べてばかりもいられませんね。


 

9月のお休み 

誠に勝手ながら、下記の日にちはお休みとなります。

3()7()11()17日(水)・21日(日)・25日(木)

※祝日の15日(月)・23日(火)は営業いたします。


【スクールインフォメーション】

今回はスクールでどんな授業をしているのかを紙面公開しちゃいます!

今回はスクールの授業で実際にどういう事をしているのかを教えちゃいますね!

筋肉調整の授業の1コマ!

「関連筋」・・・皆さんは腰が痛い時にはどうすれば腰の痛みを和らげたり、痛みを取り除くことが出来ると思いますか?おそらく選択肢としては腰を揉んでもらったり、腰のストレッチをしてみたりする事を頭に描くと思います。(対処療法)私の考えではそれで「正解」です!ただ、我々施術家(セラピスト)は関連筋を意識して施術を行います。腰の関連筋は殿部(お尻)、ハムストリング(太もも裏側の筋肉)、ふくらはぎなど脚の筋肉です。その関連筋を緩めていきながら腰を揉んだり、腰のストレッチをしていくのがセラピストの考え方になります!ただし、これはセラピスト側のテクニックであり、お客様はこの関連筋について分からない方がほとんどです。ですから、どのようにお客様にお話すればこの関連筋についてわかっていただけるのかをロールプレイング形式で指導いたします。当スクールでは前回もこのコーナーでお話しましたが「現場主義!即戦力の育成!」をモットーにしていますので技術同様、接客術も重要視しています!生徒さんもこの関連筋の授業をした時にはお客様のような反応をしているんですよ!

 anekoのつぶやき 8月、9月はスズメバチが危険!~  

 

毎年、この季節になるとスズメバチの刺傷事故が報道され、死亡者も出ています。

そんな、怖いスズメバチについて最低限知っておきたい大切な内容を、できるだけ分かりやすくまとめました。強い攻撃性で、最も危険とされるのがオオスズメバチです。他にも、キイロスズメバチも危険です。オスは針がなく、刺しません。いちばん危険なシーズンは、8月と9月。スズメバチが敵だと感じている時の危険信号は、相手の周りをしつこく飛び回る。相手に狙いをつけて、空中で停止する。アゴを噛み合わせて「カチカチ」という音をだす。万が一スズメバチにさされたとき【重要】ハチ毒アレルギー体質か確認する。アナフィラキシーショック症状の兆候が出ていないか確認する。意識がもうろうとしたり、呼吸困難、血圧の低下などが見られたらショック症状の兆候です。ハチ毒に対するアレルギー反応は人によってさまざまですが、共通するのは、じんましん、発汗、吐き気、頭痛、腹痛など、刺された場所の痛みやはれ以外に、全身的な症状が出ることです。ショック症状の兆候が見られた場合、躊躇せず急いで医療機関へ (救急車もためらわず呼ぶ)

予防策、長そで、長ズボンを着用しましょう。白や黄色の服装や帽子を着用しましょう。殺虫スプレーを携帯しましょう。ひとりだけでの行動は避けましょう。匂いに気をつけましょう。自分の体質を周囲に知らせましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


投稿者 板橋 小竹向原ストレッチ整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ・ご予約 048-299-3013 受付時間 9時~21時 定休日 年中無休(年末年始を除く)

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。